上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
久しぶりに復帰してみれば、世間はすでにインカ一色。
新しい海域に街、クエストに料理に衣装(´∀`)
遅ればせながら世間に追いつこうと、まずは何はともあれ勅命からスタートです!
格段に早くなった船で、いざリオデジャネイロへ!

いたいた。

調査任務!

潜入調査とな(´∀`)
南米西岸の克明な情報、見事持ち帰って見せましょう!

さて。
調査というからには人と同じ情報を持ち帰っても何の価値もない。
危険も顧みず、入港許可もないまま決死の潜入調査こそが調査員には要求されます。
仲介人も驚くレア情報をゲットして持ち帰れば、お国のためにもなり、自分の入港許可も
格段に近付こうというもの。

目的地到着!

ならば、今一番人の集まると噂のこの街しかないでしょう。
沿岸に沸く敵船をかいくぐり、愛船を駆ってついに南米西岸の中枢都市・リマへと到着!



潜入開始!

何せ入港許可もない潜入活動。見つかれば命の保証すらないかもしれない。
それでも行くしかないのだ(`・ω・´)
門番の目をかいくぐり、出航所役人の目をかすめて、南米西岸に今降り立つ!
さぁレッツすねーく開始。



そこは思ったより小さな街でした。
本当にここに求める情報があるのだろうか…迷いを断ち切り情報収集を開始します。
情報といえば酒場。何はともあれ酒場。
何故かは知らないが、これはありとあらゆる世界の法則らしい。

…とはいえ、このマスターは特別変わったことを話してはくれません。
ならばこっちか…?目標をマスターの横にたたずむ女性へと変えてみます。

(注:画像はイメージです)
ターゲット確認


どうやら警戒されている様子。それも当然か。
だがそれだけに、うまくすれば何かの情報を握っているかもしれません。
まずは警戒心を解くため、敵意のないことを伝えてみます。

(注:画像はイメージでs)
懐柔工作


偉大なる冒険家の先輩にして、「港ごとに家がある」と噂の伝説の口説きマスター・
フィスさんの教えを思い出し、警戒心を解くためにはこれしかないと判断。
潜入員は事前準備を怠らない(つω=)

怠らない。

怠らな…

先輩、持ってきた服全部吸い込まれました(´;ω;`)ゝサー




………
しかし、時として調査員には、退いてはいけないときというものがあります。


(注:画像がイメージだったら良かったのに(´・ω・`))
ここで退く訳には


一味違うレア情報を持ち帰るためには!投資をためらってはいけないのだ!ヽ(`Д´)ノ

たたみ掛けろ!
       
         ・
         ・
         ・
(以下数分間の記憶がありません)
         ・
         ・
         ・


何かを話してくれそうだ!

その甲斐あってか、ついに何かを話してくれそうな気配が!ヽ(´∀`)ノ
ここは時間を掛けてじっくりと聞き出しましょう。
さぁ任務も最終段階だ!


(注:画像はイメージじゃないよヽ(´∀`)ノ)
ついに


レア情報ゲットだぜ

なるほど…!さすがにこれほどの情報を持ち帰る潜入員はそうは居るまい…
長い任務を終えて、僕は意気揚々と報告の帰路につくのでした。



レア情報報告だぜ!



こうして重大任務を終えた僕は、本国へ帰還して無事入港許可を手に入れたのです。


入港許可ゲッツ

みなさんは新天地でどんな航海を楽しんでますか?
機会があったら是非(´∀`)記事にしていただけると嬉しいです。
2008.08.13 Comment:5 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://0km.blog84.fc2.com/tb.php/93-8efc074c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。