上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
長い間の個人ブログ更新、お疲れ様でした。
僕自身も、この商会ブログにたまに書かせてもらうようになってから、
記事1つを書くのがどれだけ大変な事かよくわかる様になりました。
僕はこちらのブログで書きたいことがあった時に思い出したように書くだけですが、
個人ブログで頻繁に更新されてる方はどれだけ大変なのかと思います。

生活が変わって大変な時期かとは思いますが、これからはこちらの商会ブログで
書きたい時だけ気楽に更新してください(´∀`)


およばずながら副会長として、ささやかですがゲーム内でも可能な限りサポートします!
お楽しみにm(_ _)m


さて。
一仕事終えてきたところで、今回はオスマンアップのその後のお話でも(´∀`)

勇気を出して(´∀`)
あ、コレ間違い(´・ω・)

こっちだこっち。
運河開通(´∀`)

(もう結構前の話ですが)スエズ運河が無事開通いたしました!
今回は特に地理的な要員が大きいのかもしれませんが、それを差し引いても
ヴェネの皆さんの頑張りは本当に凄かったですね。

フランスも負けてはいられません(`・ω・´)
今回は勅命に初期から参加することができたので、それなりに貢献することができたかと思います。
勅命クエは学問5種を中心に、上納品配達と陸戦を一回(僕のソロではかなり時間かかりました)、
あとはマリアさんから頂いたジャムチキンの配送を。
貢献記も随分溜まって、やりごたえ十分でした。

残念ですが運河そのものはまだしばらく使うことはなさそうです。
冒険家になったとき、欧州スタートのバスラやマスカット行きのクエストを消化する時に
存分に使わせてもらおうかと思います。
副官枠やスキル枠、金庫が増えなかったのは残念ですね(´・ω・)


そしてこれ。
とうとう刻印が自作できるように…!

大方の予想通り、やはり追加されたアレクサンドリア錬金レシピ。
ただ、恐れていた「投資しないと見えない」ものではなく、ホッと一息です。

そして修行にはならないものの、このレシピは本当に嬉しい!(´∀`)
今まで入手手段が極端に限られていた刻印ですが、とうとう錬金術師が自作できるように!
材料もわりと楽な方で、これは錬金アイテムの注文にもかなり対応しやすくなりそうです。


銀に力を吹き込むのです

まず、全ての刻印の基本となる魔術の刻印を作ります。
塩10+マンドラゴラ8+銀6=魔術の刻印1~2。
銀はジェノヴァで、塩とマンドラゴラはシラクサで普通に交易所で買えます。
マンドラゴラがちょっと量がきついかもしれませんが…
僕、全く知られて無いでしょうけど、実はちょうど医薬品取引もそこそこ持ってたり。
たしかこれ、マカパチャマンカが出た頃に慌てて取ったんですよね…
(けどアルパカ→アルパカ肉がクリックできずに断念して、意味無しスキルに)
スキルブックシェルフでホコリ被ってましたが、古紙回収に出さなくて良かった( ´∀`)

航路としてはジェノヴァ→シラクサ→アレクで、勅命をこなしながら一緒に作成できるので
精神的なダメージは皆無でした。錬金にしてはなんて珍しい( ´∀`)


頑張ってこれだけ出来ました(´∀`)

こうして魔術の刻印が一杯できたら、

その魔術の刻印を更に…

それを更に変性させて、おなじみの地・水・火の刻印が完成するわけです。
材料的には地が一番簡単な気がします。
その節は砂堀りにまで御協力いただきまして、本当にありがとうございました。

大地の力が宿りました(´∀`)

こうして薬液の材料になる刻印が完成です!
これがあまりに簡単すぎると、逆に今までの貴重書や薬液回しの苦労と損失は何だったんだ?
って話になってしまいますが。
楽すぎず、でもちょっと本気になれば十分対応可能。
このレシピは、かなりいいバランスを取っていると個人的には思います。
錬金術師にとっては、いいアップでしたね。


そして。
ナポリきってのお針子・ユールさんが、オスマン衣装の作成をスタートされました( ´∀`)
その材料に最高級染料が必要らしいのです。
これは、カリブファーマーとしては是非作りに行かなくては!

ちょうどマリアさんやコリたん、ブニさん達に頂いた(いつもありがとうございます(つД`))
そして何故か共有倉庫に湧いてくるウサギを抱えてファームへ向かうのが
半ば日課のようになっていたので、ちょうどいいから一緒に作ってきたりしています。
材料は巨大な葉50!(`・ω・´)


・ファーム固定レシピ 最高級染料の製法
最高級( ´∀`)

<作成手順>

①ファームのある島は、もともと無人島。
 島の奥には、人の身ではとても立ち入ることの出来ない深い深い森があります。

②そこに住む森神様(仮名)が持つと云われる貴重な染料は、鮮やかで上質な光沢に加え
 滑らかさでも他の代替が利かないほどの効果があるとか…
 仕立のしやすさもあわせ持ち、職人垂涎の品なのです。

③でもそんな森に入るのは怖いので、葉っぱをすりつぶしたり煮詰めたり天日に干したり
 童心に帰って適当に思いつくまま加工しちゃうことにします(つω=)


上手に塗れました

 ヽ(´∀`)ノ 出来たー

⑤ |ミ




個人的には総じて良アップデートだったのではないかと思っているオスマンアップ。
現在は、新職業アルティザンに転職して楽しんでます。
それについてはまたの機会ということで…

みなさんの楽しみ方を別の記事で見られるのを楽しみにしています。
それでは今回もいい加減gdgdなので、この辺で(´∀`)ノシ
2009.03.15 Comment:11 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://0km.blog84.fc2.com/tb.php/126-5ca10776
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。