上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
アップデート「オスマンの脅威」でかなり世界が変わってきているみたいですね(´∀`)
オスマンと契約するにはスエズ運河勅命を達成していないといけないため、
未だオスマン亡命者は一人も居ない状況ですが。
それでも、世界のあちこちに変化を感じられます。
しかも今回は比較的良アップデートの予感ですよ。

昨晩、ゼフィロスサーバーでも東南アジアとカリブ海が安全海域化したみたいです。
期間限定ですが、普段は危険が高すぎて現実味の薄い、外洋の港を複数使った
新たな生産ルートが定着するかもしれませんね( ´∀`)b


アンコナの町に追加されたレシピで作れる小物も凄く可愛いと人気。
予想を上回る可愛さに思わず副官用に一つ買ってしまいましたが、
羽ボネを裏切るのかただいま葛藤中です(;・ω・)


早速見かけたターキッシュガレーはちょっと予想よりも中級者レベル向けの設定みたいで、
JBスキルなどが不明なこともあり、まだその実力は未知数です。
しかし確実にいえるのは、造船要求R18で、建造日数は11日と短いこと!
これはいつか造船16(素で)が解禁された折には、素晴らしく修行に有用な予感。
カイロ前に数え切れない造船家が浮かぶことになりそうですね。


酒場で注文できるようになったコース料理は、行動力全快に加えて、組み合わせによっては
副官ボーナス日数が増えたりペットのご機嫌がよくなるといった追加効果があるそうです。
色々試してみよう(´∀`)
アフリカやカリブ等の、回復し辛かった港にもソフトドリンクが追加された模様です。

Nice Course.


また、今回のアップデートで最大に嬉しかったのは、
カムバックキャンペーンで、公式に7日間の無料チケットが!
ちらほらと懐かしい方の名前が検索にかかったり、商館に来てくれたり。
フレリストで懐かしい方の名前が点灯していると、本当に嬉しいものです。
しばらくお休み中の方、よろしければ久しぶりの海を少し見に来てみませんか?(´∀`)
今なら無料ですよー
さて。
そんな中、少し遡りますが

遂にここまで…!

オスマンアップの数日前、ついにこの時がやってきました!
6→7はただの通過点という感じで、喜びながらもまだまだ先は長い印象でしたが。
R8は、遂にここまで来られた(´∀`)という感慨がひとしおです。
錬金でしか生み出せない実用性の高い装備品の数々が、いよいよR8から作れるように!
早速以前から頂いていた注文に取り掛かってみましたので、新たな錬金世界の
作成手順をちょっとニヨニヨしながら喜びと供にまとめてみましたヽ( ・∀・)ノ



R8で作れる装備のうち、特に実用性が高いのは次の三つが代表格です。


・セシャトのブーツ
セシャトのブーツ(地理+1)
ファマガスタの固定レシピで錬金R8、工芸R7で作れます。
材料は 叡智のブーツ・エジプト神の護符・黒の錬金薬液3。
足装備で、測量+1・身体言語+1・そして地理+1という素敵な装備です(´∀`)
見た目はただのファーブーツ


・放浪者のブーツ
放浪者のブーツ(生物+1)
アテネの固定レシピで錬金R8、工芸R7で作れます。
材料は 叡智のブーツ・アポロ蝶のブローチ・赤の錬金薬液3。
同じく足装備で、生存+1、行軍+1、そして生物+1というナイスな装備です(´∀`)
見た目はただのバックルブーツ


・聖女のミトン
聖女のミトン(調理+1)
オークションとかで何度か出て、割と錬金装備では有名な方かと思います。
ファマガスタの固定レシピで錬金8、工芸7で作れます。
材料は、叡智のグローブ・ベルベットリボン・白の錬金薬液3。
手装備で、調理+1というおしゃれな一品です(´∀`)
男が装備すると砕け散ります



ところで。
何か比較的簡単そうに見えますが、一部見慣れない材料がありますよね。
叡智のブーツだとかグローブだとか。
これがいわゆる材料の材料、前段階の素材というやつで、
黄金の両手を作るときに必要な愚者の両手的な位置づけです。

↓コレ。
叡智が詰まってます(`・ω・´)


そしてこの材料の材料の材料('A`)として必要なのが最高級毛皮。
ファーム固定レシピで、野ウサギを産出しているときでないとレシピが見えません…

最近、僕がウサギウサギいっているのはこのためです…
R8生産物は、 [野ウサギ→最高級毛皮→叡智シリーズ→ブーツやミトン] というコースで
一段階づつ作り上げていく必要があるのです。

今後は、刻印とあわせて、野ウサギ・最高級毛皮も絶賛募集中です。
ファームで余ったときには、是非御協力をお願いいたします( ´∀`)b


材料は野ウサギ50+植物油30。かなり大量に必要です。
今回は、マリアさんにアテネで一杯捕まえてもらったウサギを抱えて
感謝です
ファームへ行ってまいりました。ありがとうございます!
カリブファームだと、こういう時に比較的近くて済むのが嬉しいですね。




・ファーム固定レシピ 最高級毛皮の製法
さぁ森へお行き(´∀`)


<作成手順>

①ファームのある島は、もともと無人島。
 島の奥には、人の身ではとても立ち入ることの出来ない深い深い森があります。

②そこに住む森神様(仮名)が持つと云われる貴重な毛皮は、滑らかで上質な手触りに加え
 防寒用としても他の代替が利かないほどの効果があるとか…
 加工のしやすさもあわせ持ち、職人垂涎の品なのです。

③噂では、森神様(仮名)は上質の植物油がお好みとのこと。
 そこで、連れて来た兎達に油を持たせて森へ放し、せめてもの手土産として届けてもらいます。

④大抵のウサギ達は依頼も忘れてそのまま森の中で自分達の生活に還ってしまいます。
 しかし、50匹に1匹くらいの割合で、中には勇敢で義理堅いウサギもおりまして

おかえり( ´∀`)

⑤受け取った貴重な毛皮をわざわざ届けに戻ってきてくれるのです!
 メルヘンですね( ´∀`)b



こうして大量の野ウサギと植物油を運んできて、手に入る貴重な最高級毛皮は10枚ほど。
これをヨーロッパへ再び持ち帰り、加工を重ねて、苦労の末に生み出されたのが、
冒頭の実用装備たちなのです!(´∀`)
やっぱりそれなりに大変ですね。でも作る喜びと充実感はなかなかのものがあります。


市場価格ではやっぱりそれだけの値段が付いてしまう品ですが、仲間内でそんなお金を
やり取りしたくは無いので、必要な方には可能な限り無料でお作りしたいと思います。
地精・水妖・火トカゲのおなじみ刻印や、新たに錬金に使用可能になった魔術の刻印、
そして錬金装備の材料となる最高級毛皮・野ウサギ等を、代金の代わりに
余ったときに適当に渡していただけると凄く助かります。

お金はそれを元に作った錬金装備をバザーで売って外貨を得ることで対応したいなと。
御注文お待ちしています(´∀`)ノシ
2009.02.19 Comment:3 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://0km.blog84.fc2.com/tb.php/122-2e993e49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。