上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
切りよくRも上がったところで、長かった錬金生活もまたしばらくお別れになりそうです。
今夜の納品生産会で、鋳造と工芸を活かした名工大工道具と色鉱石磨きがすんだら、
そのままカリカットで船大工に転職して造船の依頼にとりかかる予定です。
その後は考えてないや…久しぶりに冒険でもやってみようかな。

生産会の準備も整ったところで、錬金生活に思い残しの無い様に最後にもう一度だけ
ロンドンの先生のところへと行ってきました。


限界に挑戦



ついでに、一度やってみたかった商大クリパに錬金薬液限界満載(901樽)。
さすがにこの辺りが人として限界の様子です。
理論上は、溶かすための金をわざと相場の高い時に買ってくればまだまだ上がある筈ですが…

(´∀`)ノシ まぁそんな世界は放っておきましょう

どうでもいい情報ですが。
錬金薬液は分類こそ医薬品ですが、DOLの世界で唯一相場がありません
医薬品暴騰だろうが暴落だろうが、領地だろうが一切おかまいなしで必ず売値は400です多分。

さて。
こうして、長い間の目標だった薬液回しの終着点へたどり着いたので。
薬液回しは卒業して、久しぶりに運んできた貴重書は金作成に使ってみましょうか。

初めて作り出した金の喜びは未だに忘れません(´∀`)
思えば共有倉庫も無かったあの頃に比べて、作成手順も随分と効率化されました。
今回はしばらく錬金生活もお別れということで、最後に少し手順を詳しくまとめてみますね。


ちなみにロンドンの共有倉庫は、不思議なことにいつの間にか金や硫黄が補充されます。
便利な世の中になりましたね(´∀`)
この間なんか重層船尾楼がはいってたんですy



①:まず、このいつの間にか湧いて来た硫黄を貴重書と同じ数だけ取り出します。

②:次にファームから銅鉱石を取り寄せます。ストックホルムで硫黄を仕入れる場合には、
  カテ2を叩くと同時に購入量が回復しますので、一緒に買ってくるのもありですね。

③:
地味に大変な作業

 銅鉱石を鋳造スキルで溶かし、延べ棒状にします。
 クリック量が多いので地味にだるいです。まとめて10個くらい生産ボタン欲しいな(´・ω・`)

④:この作業時間の間に、硫黄をいい感じな色になるまで薬液に溶かしておきます。
  そのうち何となく液体が金色に見えてきます。見えてくるんです。

⑤:
この割合が大事

 貴重書・硫黄・銅を1:1:2の割合に揃えて、先生宅にダッシュ。ここ試験にでますよ(`・ω・´)

⑥:
増えてる!…けど

 そういやR上がったから新しいレシピも見えるんですよね…でもイマイチだし今はいいや。

 

 そして、ここからが錬金術の秘中の秘です。
 バレると師匠と先生に消されてしまうので、こっそりと教えちゃいますよ(`・ω・´)



⑦:まず、③で作った延べ棒状の銅を取り出します。

⑧:次に④の硫黄を溶かした薬液を取り出します。

⑨:⑧で⑦を丁寧にコーティングします(つω=)

⑩:
上手に塗れました

     完  ヽ(´∀`)ノ  成

⑪: |ミ



何だかんだいって、結構な量の金が作れるようになりました。
あとは売るのもよし、自宅に溜め込んで次の作成に利用するもよしです。

結構な量に!

熟練もこのRならまだそこそこ入るので、今度転職した時はこの金練成と愚者の両手強化で
一気にR8を目指したいですね。無理の無いように、のんびりやっていきます。
何だか結構慣れてきちゃうものですね。ちょっと怖いですが。
はたして次の錬金期間はいつ頃になるのやら…


さて、それではもうすぐ生産会ですね。
張り切ってセイロンへ向かいましょうか(´∀`)ノシ
2008.11.01 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://0km.blog84.fc2.com/tb.php/110-5a115ee4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。