上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
カテ2を連打して紙を買い、ヴェネツィアで貴重書を写本してロンドンへ。
錬金薬液を大量の金を触媒に変質させて、振り出しに戻る。

果てしなく続くそんな救いの無い日々の中、微かに入る熟練を積み上げ続け。
ついにこの時この瞬間がやってきました!

ランク '`,、('∀`) '`,、 アップ!



今度は本物!



というわけで、どこかでみたような書き出しから、今度こそ本当に錬金術ランクアップです!
若干撮影に失敗しつつも、薬液回しで積み上げた熟練(1クリックで1。大成功は2)が
ついに実を結んだ瞬間…やっぱりほっとしますね。

R7はイマイチ魅力的な作成物が無いのが残念です。副官が居て7+1なら色々とあるのですが。
造船の時もそうでしたが、「錬金やるならこの副官を雇え」っていう事実上選択肢の無い扱いって
どうしても好きになれないんですよね。副官じゃなくてアイテムとして雇ってるみたいで。
造船はとうとうイゴール雇わずに根性で戦術家ヴィクトルで覚えましたが…

まぁ、ようは自力でR10まで作れるようになればいいのです。
その日を楽しみにのんびりやりましょう。
とりあえず一段落ということで、これで心置きなく転職できます(´∀`)


とはいえ今月の生産会はセイロンでの名工大工道具ということで。
鋳造・工芸供に優遇(専門)な今の状態はまさにピッタリ!
生産会までこのままの状態で名工作成&お土産の色鉱石磨きに励んで、
その後久しぶりに転職して別の事をやっていようかと思います。
今週末、商会メンバーでお手すきの方は是非御一緒しましょう(´∀`)

それでは今回は特に落ちもなく簡潔に。
以上喜びの声でした(´∀`)ノシ
2008.10.28 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://0km.blog84.fc2.com/tb.php/109-c7f8ec20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。