上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
「・・・まーじゃん、ですかぁ?」

ナポリの6番館商会「キロ・メトロ・セロ」。
商会員のほとんどが忙しく各国を飛び回る6番舘商会は、隣のレストラン「ペギソハット」のある5番館の活気とはちがい、普段は静寂が包んでいる。

そんな6番館に席を向かい合わせて座っているのは、この6番館の主・「キロ・メトロ・セロ」の商会長であるベテラン航海者・コリナと、彼女を慕い、航海者となった新人、マリア=ヒルデブルグの2人だった。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2009.01.20 Comment:5 | TrackBack:0
2009年初記事を頂きます。今更ですがあけましておめでとう御座います(´∀`)
今年もキロ・メトロ・セロとみなさんにとって素敵な一年になりますように。
お正月気分ももうすっかり今は昔。
仕事なども通常営業に戻り、ほんの二~三週間前が懐かしい今日この頃です。
職場の周りで、今年もそろそろインフルエンザの噂がちらほら…
みなさん身体には十分お気をつけ下さい。
特にナポリの街は、鳥インフルエn…ゴホゴホ。


既に昨年の事となった前回の記事から、はや3週間。
どうやら保管マイスターはほんのちょっとばかり世間の人気がイマイチなようです。
ここはあれです。時代を先取りしつつ希少価値、実用性から世の女性達にも大人気の
錬金術マイスター!(`・ω・´)を目指すしかないということですね。
まだ実装されてないけど


ちなみに。
最近は、みなさんの周りで「オスマン亡命する?」なんて会話があったりするかと思います。
次回アップデート最大の目玉にして、西欧諸国から追われる身となる超上級者用国家。
何かと危険な香のするこの国で始まる新たな衣装・新たな船・新たな交易路が、この世界に
また新しい風を吹かせてくれるといいですね( ´∀`)


ところがそんな中、楽しみなだけではない。
錬金術師の間では、オスマンに関して結構今から真剣に気になる事もあるのです。

①オスマン領地で投資しないと出てこない交易品が必要な錬金レシピが追加されるのでは…?
②オスマン領地で投資しないと見えない錬金レシピが追加されるのでは…?
③オスマン領地で投資しないと雇えない美少女錬金術師副官(眼鏡っ子)が追加さr


似たような現象に造船家の亡命行脚がありますが、僕はそれすら絶対にやれる根性ありません。
ましてや西欧諸国からのお尋ね者となるオスマン。
もし現実になった場合、とても亡命までやれる自信がありません。
しかし錬金に関する今までのコーエーの仕打ちを考えると、本気でありそうだから困る…
特に③なんか困りますよね。いやぁ困る( ´∀`)ニコラ大解雇時代

アップデートと供に錬金の世界にどんな変化が訪れるのか。
個人的に一番の注目です。
2009.01.18 Comment:3 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。